シュウファビアン.com

   
シュウファビアン ビタミンCローション ビタミンCローション SHU FARVIAN
   

「シュウファビアン」Q&A:ビタミンCローション/APE-CクリームのQ&A

   
 
 

「シュウファビアン」Q&A

 
 

ビタミンCは、本当に皮膚から直接吸収されるのですか?

確かにビタミンC(アスコルビン酸)は、体内では生成されないため食べ物から摂らなければならず、皮膚に塗っても吸収されないため効果はないというふうにいわれてきました。
しかし、ここでご紹介している「シュウファビアン」で使用しているビタミンCは、アスコルビン酸とは違う「新開発の新型ビタミンC誘導体」を主成分として、皮膚から直接吸収できるようにしたものです。このタイプのビタミンCローションの製品化は「シュウファビアン」が初めてです。

 

光老化とは?

紫外線照射による影響が原因でおこる老化現象のことです。皮膚の老化の原因は20%が自然老化で、80%が光老化によるものといわれています。 紫外線が皮膚に及ぼす影響として、「シワ・タルミ・シミ・皮膚炎などの発生の促進」や「皮膚癌の原因」などが、オゾンホールの発生と共に注目されるようになり、深刻な問題になっています。

 

紫外線は皮膚にどの程度影響を与えるのか?

紫外線には3種類あります。
紫外線A(UV−A)は、雨の日でも地上に降り注いでいます。エネルギーは弱いためダメージは急激ではありませんが、真皮の深さまで達するため、徐々にコラーゲンやエラスチンをつくる繊維芽細胞や、表皮を作る細胞であるケラチノサイトに影響を及ぼしますので肌のみずみずしさが徐々に失われていきます。
紫外線B(UV−B)は、UV−Aの500から800倍のエネルギーをもち、表皮の深さまで達し、日焼けを起こす紫外線です。
紫外線C(UV−C)は、波長が短いため通常はオゾン層に吸収されて地上には届きませんが、公害などによるオゾン層の破壊でオゾンホールから地上に降り注ぎ問題になっています。

 

日焼け止めの効果はありますか?

ビタミンCには、紫外線を遮断する効果があります。また、皮膚の細胞にビタミンCが吸収され浸透していればその効果は数十時間も持続します。したがって、シュウ・ファビアンCローションの塗布によって、日焼け止めの効果は得られるということができます。しかし、直射日光の下で何時間も過ごさなければならない場合など、その状況に応じて日焼け止めクリームを併用するなどの対策が必要な場合もあると思います。

 

傷痕にも効果がありますか?

ビタミンCローションには、コラーゲンの生成を促進したり、活性酸素によって変性し本来の働きを失ったコラーゲンを正常化する作用がありますので、傷の治りを早めたり傷痕部分の凹凸を平らにする効果があります。

 

ニキビやニキビ痕にも効果はありますか?

ビタミンCローションは、化膿しているようなニキビを積極的に治すような薬ではありません。しかし、コラーゲンの生成促進作用及びメラニンの着色防止作用などによってニキビ痕や色素沈着が残るのを防ぐ効果はあります。ニキビ痕も一種の傷痕ですのでその修復を同様の効果は得られます。
又、消炎作用もありますので、現在進行中のニキビの方が使用されても悪化するなどの可能性は極めて低いローションです。

 

シミをとることはできますか?

シミは、着色したメラニンが代謝によって押し出されることなく、皮膚の中に長くとどまることによって生じます。
ビタミンCローションには、皮膚の細胞の新陳代謝を活発にする作用がありますので、今できているシミであっても徐々に薄くなり取れる可能性はあります。又、メラニンの生成及び着色を抑制する作用もありますので、新たにシミができるのを予防する効果もあります。

 

アザは取れますか?

アザにも色々なタイプがありますが、浅い層にあって色の薄いアザのように、中には徐々にではありますが取れるものもあります。これは、ビタミンCローションに皮膚の代謝を活発にし着色した細胞を押し出す効果があるためです。

 

乾燥しハリのない皮膚を改善することはできますか?

ビタミンCローションには、皮膚のハリと関係のあるエラスチンと、これを支える働きをし皮膚のタルミと関係の深いコラーゲンの働きを促進する作用があります。したがって、ハリのある若々しい皮膚を取り戻し保つことは可能です。